昔の告白アイテム「手紙」

今では、連絡をするにもおしゃべりをするにも、普段からメールでやりとりするのが当たり前になってきていますが、昔の連絡手段と言えば断然手紙と言われるほどに活用されていた時代がありました。 世の中でも、携帯が出まわる前には、手紙で色々なことを伝えるのが当然のこととして、定着していたのです。 ですから、昔は、好きな人に告白するにも、もちろん手紙が用いられていました。 これは、電話では現在のように一人が一つの携帯やスマートフォンを持っていないので、電話一つかけるにしても相手の家で誰が出るかもしれないこともあり、面と向かっては言葉で上手く伝えられないということもあり、手紙が告白の役割を果たす重要なツールとなっていたのです。

告白するには、手紙でならじっくり何度も書き直して読み返してと言う作業も出来ますし、相手のことを思って文章を考えながら好きな気持ちをいかにして上手く伝えるかを考えるのは、とても切ないことですけど、ある意味、告白アイテムとしては理にかなっているものです。

なぜならば、時間をかけてゆっくり告白アイテムである手紙を遂行できるからです。 本人にとっては、昔は現在のようにいつもメールでつながっているという環境ではないので、書き出しから書き終えるまでそれこそ、言葉を一つ選ぶにもとても悩めるものであり、中には書き終えても渡せないままで大事な告白アイテムである手紙を捨ててしまったということも珍しくありませんでした。

しかし、手紙を告白アイテムとして用いられていた時代の告白は、手紙に書かれたその文字や便箋、文章などどれをとっても相手への気持ちを察することが出来るものですので、返って現在のようにメールで告白をするよりも、ストレートで偽りがない真っ直ぐな気持ちを伝えられる告白アイテムではないでしょうか。

今は、メールが瞬時に届いてしまうので、待つということがやたら不安であり焦りを感じる人も多くなって来ていますが、昔のように手紙であれば投函されてから届く時間もあるし、開封されるまでの時間もあるし、後に返事が届くまでの時間もあるので、それだけに葛藤はするもののとても貴重な時間でもあったわけです。

告白アイテムは、今でもメールが最適と言うわけでもないということが理解できるでしょう。 だからこそ、大切な人への恋い焦がれる胸の内を告白するのに、時代を問わずに活用してみることも返って新鮮で良い方法にもなるのではないでしょうか。

好きなサイト

箸のギャラリーから
自分好みの色などに出会えるかも