口下手な人が頑張れるアイテム「手紙」

最近では携帯電話やスマートフォンなどの通信機器が大きく発達していることもあり、それらを用いて会話したり、またメールを送ったりしてコミュニケーションを取ることがとても多くなっています。そのため手紙を自分の手で書いて送るという方法は、昔と比べて使われることが少なくなっているのですが、それは現在においても決して侮ることができない大きな存在価値を持っています。それは告白する場合などに、口下手な人が頑張れるアイテムとしての価値です。例えば直接顔を合わせて会話する場合には、相手の表情などのリアクションが気になったり、相手が自分をどう見ているかが気になったりして、口下手な人では自分の伝えたいことをはっきりと言葉にすることが難しいものです。また携帯電話などで相手と顔を合わせないで会話する場合でも、相手の口調が気になったり、会話の間を空けないためにすぐに言葉を口にしようとして言葉の選択を誤ったりなど、自分の気持ちを伝えきれないという心配は生じ得ます。その点メールで告白するのであれば、時間をかけて文面を考えられるので、緊張したり慌てたりして気持ちを伝えきれないという心配は少なくなります。しかしメールの文字では誰が書いても同じで味気がなく、その人の個性が出しにくいため、告白において大切な思いの真剣さが伝わりきらないという心配があります。また顔文字などを加えて個性を表そうとすると、冗談っぽくなってしまってさらに真剣かどうかわからなくなるという恐れもあります。その点手紙なら時間をかけて文面を考えるだけでなく、一つ一つの文字を自分の手で心を込めて書くことになるため、口下手であっても告白に大切な真剣さをダイレクトに伝えられるのです。さらに手書きの文字には個性が出るため、例えば丁寧な文字であれば真面目な性格であるなど、メールの文字とは違って自分の魅力をアピールする要素ともなります。さらに思いが成就した後には思い出の品として相手の手元に残り、後から見返してその時の気持ちを思い出すきっかけにもなります。