手紙で告白!素敵なこと

携帯電話が普及してメールを使うようになる以前には、連絡は手紙でとっていました。今はなかなか手紙を出すこと自体が少ないため、告白の手段として手紙を利用するのはとてもインパクトがあり、相手の心に響く可能性があります。時間と手間がかかる分、送り主のぬくもりと送る相手への愛情が感じられて素敵です。 告白のために手紙を書くときに大切なのは、文字のうまいヘタではなく、丁寧に書くことです。ゆっくりときれいに書くことでより真剣さを感じられるので、好印象を与えます。便せんや封筒選びも告白には大事なポイントです。あまり奇をてらったものではなく、地味すぎないシンプルで落ち着いた雰囲気のものを選びます。すでに親しい間柄であれば、送る相手の好みの色や好きなものに合わせて選ぶのも良いでしょう。自分のことを考えてくれているという気持ちが相手に伝わりやすくなります。告白の文章は分かりやすく直球で書くのがおすすめです。前置きが長かったり、まわりくどい文章になっていると、相手も対処に困ってしまいます。文章をじっくり考えて何度も読み返してみると、不自然な箇所が見つけやすくなって修正しやすくなります。処分しない限り年月がたってもずっと手元に残るものなので、素敵な内容のものであれば、相手にとってもきっと宝物になるでしょう。ただし気持ちを伝えるだけの重い内容のものは、相手が引いてしまう可能性があるので、気持ちはしっかりと伝えつつ、相手が返答しやすい雰囲気を出すのも大切です。 渡す時には勇気が必要になりますが、なるべく直接渡した方が良いようです。机やロッカーなどに置いておいたり、バッグなどの私物に入れておくといった方法もありますが、この場合相手が気付かなかったり、なくなってしまうケースも考えられるので、避けた方が無難です。友人に頼んで渡してもらうという手もありますが、これも人任せの印象を与えるのでイメージがよくありません。とても勇気のいることですが、相手に直接会ってしっかり渡すことで、より真剣さをアピールできます。